痛風とプリン体の関係について

痛風は、一般に足の先に激痛が走る疾患です。その痛みが大体、関節に走るため、関節の病気と勘違いしやすいのですが、これは実は立派な血液疾患です。血液の状態としては、非常に高い尿酸値の時に発生するので、その痛みが走っているときに血液検査により、尿酸の量を測定すると、その値が突出しますので、それで診断が出来ます。原因は、食物中の「プリン体」と言われています。プリン体は、肉類などに多く含まれるので、食事療法などが有効です。

↑PAGE TOP